お知らせ

イベント情報

2018年9月28日 第16回かわさき読書の日のつどい/11月4日(日)

児童作家くすのきしげのり氏による講演会、読書活動表彰式などを行います。
親子での参加大歓迎です。申込不要、入場無料です。
定員になり次第、入場を締め切らせていただきます。

日時:11月4日(日)午後1時30分〜4時30分(受付午後1時〜)

会場:中原市民館

内容:主なプログラム

  • 入賞作品展示(標語・ポスター・本の紹介文)
  • 読書活動表彰式《予定時間午後1時30分〜2時10分》
    • 読書活動作品優秀者表彰
    • 読書活動優秀表彰式(団体・個人・学校)
  • 児童作家くすのきしげのり氏講演「一人ひとりが、みんなたいせつ〜作者が語る作品の世界〜」と交流会《予定時間午後2時20分〜4時》
    • くすのきしげのり氏プロフィール
       「おこだでませんように」「ええところ」「ええたまいっちょう!」「いちねんせいの一年間」シリーズでおなじみの児童文学作家。
       昭和36年生まれ。徳島県鳴門市在住。小学校教諭、鳴門市立図書館副館長を務めた後、平成23年3月にオフィスKUSUNOKIを設立し、児童文学作品を中心とする様々なジャンルの作品の創作活動と講演活動を本格的にスタートさせる。
       「心豊かに生きる」をテーマに、大学在学中より始めた創作童話・絵本・詩・童謡など児童文学の創作活動と小学校の教育現場における「徳育」を中心とした教育活動を続ける。その間、徳島県鳴門市立図書館副館長在職中には、民間との(協働)運営をはじめ、全国に先駆けた公立図書館における数々の改革や読書活動の推進に携わる。平成17年より、児童文学の創作活動と「徳育」を中心とした教育活動に加え、家庭・地域社会さらには企業におけるよりよい社会環境の創造と社会貢献のために、一人一人が一日一日を大切にし、よりよく生きることについて考える『あなたの一日が世界を変える』の理念を、日本をはじめ世界へ普及するための活動を展開している。

対象:どなたでも参加可能。親子での参加大歓迎です。

定員:350名

申込方法:申込不要。定員になり次第、入場を締め切らせていただきます。

第16回かわさき読書の日のつどいチラシ(PDF:202KB)

お問合せ先:川崎市教育委員会指導課 電話番号:044-200-3243
        川崎市教育委員会生涯学習推進課 電話番号:044-200-3303

All Rights Reserved. Copyright © Kawasaki-City Library

管理: 教育委員会事務局 生涯学習部 中原図書館