特集『紙幣の肖像 -20年ぶりに新しくなる新紙幣と描かれた人物たち-』  /7月15日(日)まで

  • 展示
  • 中原
  • 掲載日2024年5月21日
  • X
    facebook

2024年7月、約20年ぶりに一万円札、五千円札、千円札の3券種が、新しくなり、デザインが一新されるだけでなく、偽造防止技術の向上やユニバーサルデザインへの対応が進んだものとなるようです。
新紙幣に肖像が描かれる渋沢栄一は、「近代日本経済の父」と称され、今からおよそ100年前、「京浜工業地帯の生みの親」と呼ばれた浅野総一郎の事業を支援したと伝えられており、川崎市の発展にも関わりがある人物です。
中原図書館では、同じく肖像が描かれる津田梅子、北里柴三郎などに関係する資料を紹介するほか、これまでの紙幣に描かれた人物・動物などの画像に関係する資料やお金(紙幣・貨幣)に関連する資料なども紹介し、紙幣に描かれた人物などについて考える機会としていただければ幸いです。

 

期間

令和6年7月15日(日)まで

設置場所

5階一般書架 特集コーナー

お問合せ先

川崎市立中原図書館  電話番号:044-722-4932
新紙幣特集書架の様子