読書の記録をつける

図書館で今借りている本の内容をアプリに自動(または手動)で記録することができます。
過去に借りた本や、買った本も御自分で入力することにより、一緒に管理することができます。
※読書記録はアプリにのみ記録されます。図書館で情報の保管はしていません。

はじめてアプリを利用する際の設定方法

アプリを利用する際の「初期設定」画面で、「プッシュ通知」、「読書記録」を利用するか聞かれますので利用する場合は、チェックボックスにチェックをつけてください。
詳しくは、「かわさき市立図書館アプリの操作方法 はじめて利用する」をご覧ください。
初期設定後に設定の変更をすることも可能です。

初期設定後に読書記録を利用する方法

初期設定で読書記録を利用する設定をしなかった場合でも、後から変更ができます。

設定方法

アプリの下の部分にある「ホーム」ボタンをタップし、ホーム画面が表示されたら「設定」ボタンをタップします。設定画面が表示されるので「読書記録設定」をタップします。 「読書記録設定」画面が開いたら、「読書記録を利用する」のボタンを右へスライドします。 「自動同期する」ボタンにチェックをすると、図書館で借りている本が自動的に読書記録に追加されるようになります。本の情報を記録するために、一定間隔で新しい情報があるかチェックをします。チェックの間隔はこちらで変更ができます※注1。「自動同期しない」を選択すると、自動で本の情報を取得しません。御自分のタイミングで貸出中の本の情報を取得してください※注2。

※注1 自動的に借りている本があるかチェックを行う時間は1~24時間の間で選べますが、チェックを行う際には通信料が発生しますので、適宜設定の変更をお願いします。
なお、アプリを起動した際にも、借りている本のチェックは行われます。
※注2 自動的なチェックを行わない場合、図書館から本を借りている間に、手動によるチェックを行ってください。本を返却すると、本の情報が取得できなくなりますので、その際は手入力による記録をお願いします。

手動で借りている本を記録する

設定で、手動で借りている本の情報を取得する(「自動同期しない」)を選択した場合、次の方法で本の情報を記録してください。
図書館では、返却された本の情報は個人情報保護の観点から削除しておりますので、本を借りている間に記録をお願いします

記録方法

アプリの下の部分にある「読書記録」ボタンをタップします。「読書記録一覧」画面が開いたら、「貸出本を追加」ボタンをタップします。

※アプリを起動した際にも、借りている本のチェックは行われます。

過去に借りた本等を記録する

過去に図書館で借りた本や、書店で購入した本等も、手入力によって記録することができます。

記録方法

アプリの下の部分にある「読書記録」ボタンをタップします。「読書記録一覧」画面が開いたら、「手入力で追加」ボタンをタップします。タイトル、著者名、読んだ日付等を入力します。自分なりの評価をつけたり、ちょっとしたコメントも残すことができます。入力ができたら、「保存する」ボタンをタップします。「読書記録一覧」画面にもどり、入力した内容が反映されます。タイトルをタップすると、「読書記録詳細画面」が開きます。タイトルの横の編集ボタンをタップすると保存した内容の修正や削除ができます。

読書記録の保存(バックアップ)

スマートフォンの機種変更等の際に、読書記録を保存しておくことで新しい機種に記録を引き継ぐことができます。
詳しくは「機種変更時の機種変更時の引継ぎ方法」をご覧ください。

読書記録の利用をやめるには

読書記録の利用をやめる場合は、次の手順でアプリによる記録を停止してください。
今までの記録は残りますので、消す場合は手入力による削除をお願いします。

設定方法

アプリの下の部分にある「ホーム」ボタンをタップし、ホーム画面が表示されたら「設定」ボタンをタップします。設定画面が表示されるので「読書記録設定」をタップします。「読書記録設定」画面が開いたら、「読書記録を利用する」のボタンを左へスライドします。「保存」ボタンをタップすると設定は完了です。

記録の削除方法

アプリの下の部分にある「読書記録」ボタンをタップします。「読書記録一覧」画面が開いたら、削除をしたい本のタイトルの左側にある「編集」ボタンをタップします。「読書記録入力」画面が表示されるので、一番下にある「この記録を削除する」ボタンをタップします。

その他機能の操作方法